Hituzi Ando's Blog

日々のアプリ開発についてや雑記など。

Railsアプリで使っているライブラリのバージョンを一覧表示する

こんにちは、アプリ開発をしている@HituziANDOです。

受託開発で仕事を受けたりしていると、提出するドキュメント(設計書など)に、ソフトウェアバージョンなどの記載を求められることがあります。

今日もRailsで作ったアプリケーションで使用しているライブラリ一覧を記載する必要がありました。毎回やり方を調べている気がするので、コマンドをメモしておきます。

bundle installでインストールしたgem

コマンド
bundle exec gem list
出力例
actioncable (5.2.3)
actionmailer (5.2.3)
actionpack (5.2.3)
actionview (5.2.3)
activejob (5.2.3)
activemodel (5.2.3)
activemodel-serializers-xml (1.0.2)
activerecord (5.2.3)
...

yarnでインストールしたパッケージ

コマンド
yarn list --depth=0

(依存関係の深さは0にしていますが目的に合わせて変更)

出力例
yarn list v1.21.1
├─ @babel/code-frame@7.5.5
├─ @babel/core@7.6.4
├─ @babel/generator@7.6.4
├─ @babel/helper-annotate-as-pure@7.0.0
├─ @babel/helper-builder-binary-assignment-operator-visitor@7.1.0
├─ @babel/helper-call-delegate@7.4.4
├─ @babel/helper-create-class-features-plugin@7.6.0
├─ @babel/helper-define-map@7.5.5
...

あとは出力されたリストを適宜加工してドキュメントに貼り付ければ完了です。